スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱付男/火星紳士

 ある時、公園の脇の電柱の下に、箱が落ちていた。1辺が20センチ位の白い箱で、角は滑らか、ツルンとしている。模様は無い。なんだろうこれは? しゃがんでよく見ると、上に小さく「ケッシテ、カイフウ、シナイデクダサイ」と書いてある。開封しないで下さい……。なんだろこれ? なんだ? 気になる。一度はそのまま置いて帰ろうとしたのだが、つい、まあ、そんな興味もあって、部屋に持ち帰ってしまったのである。

 あらためて良く見てみるとますます変な箱である。開封しないで下さいとあるのに、開けるところが無い。どの面もツルンとしていて、どこにも切れ目などないのだ。どうやって開けるのだ? オレは悩んだ。パズルかこれは? しかし、いくら眺めても、こねくり回しても、さっぱりわからぬ。もしや見落としている何かがあるのかも知れない。ごくごく小さな何かが。とりあえず、屋外に放置してあったので多少汚れている。まずこれをキレイにすることだ。

 オレはキッチン用洗剤を使って洗ってみた。この中性洗剤というものは、わりかし何でも落ちる。特になんとなく汚れたような、薄汚れには効果的だ。さらにお湯で洗う、洗剤をつけ、黄色いスポンジでこする。よし、キレイになってきた。スポンジで洗うとキュッキュと小気味良い音がする。キュッキュ、キュー、キュキュ、キューン、ギューン、ンーン、ギュウーン、ンーン、ゥン、ゥゥウーン。ゥン、ァン、ァーン、ァァーン、ん? な、なんだ? なんか、喋ってる? 

 3日3晩考えて得た結論は、こいつは生きている。何かの生物に違いない。というものだった。その証拠にこの箱のある部分をスポンジで撫でると、かなりハッキリ、「ゥウーン」とか「キャッ」とか音が鳴るのだ。そのうち、指だけでも、「きゃっ」とか「アン」とか鳴り出した。これを生きていると言わずして何と言おう。こいつはやはり、生物なのだ。しかもメスである。なんとも色っぽい音を出すのがその証拠だ。友人にこのことを喋ると「それって幻聴じゃないの?」とか「摩擦音がそう聞こえるだけなんじゃない?」とか「お前、溜まってんじゃないの?」とか言われてしまう。しかし、実際そう聞こえるものはしかたない。

 オレはこの箱の事を他人に吹聴するのをやめた。そして密かに世話をすることにしたのである。箱はどうやら、やさしく撫でられるのを好むようだ。強く叩いたり突いたりすると、暫くなんの反応もしなくなる。お風呂が好きなようである。花の匂いを嗅がせるとホンノリ色がピンクになる。しかし不思議である。生物であると言ったものの、この箱は何も食べない。にもかかわらず徐々に大きくなっているのである。気になったのでモノサシで測ってみたところ、3日前に比べて1ミリ大きくなっていた。やはり成長している。でも、口が無いのにどうやってエネルギーを得ているのだろうか。なぞである。

 ある日、箱に裂け目ができた。ちょうど「ケッシテ、カイフウ、シナイデクダサイ」の文字の所だ。引っ張ってみると剥けそうだ、慎重に徐々に開いてゆく、きれいに剥けた。薄いピンク色の箱になった。良く見てみると箱の1つの面に「モウ、シラナイ」と書いてある。箱は前より良く鳴るようになった。こすると「あっ、あぁん」「もう、あん」と聞こえる。うーん、幻聴だろうか。少し不安になってきた。それぐらい艶めかしい音がするのである。

 そして次の日、また箱に裂け目が出来た。裂け目から見える中身は、なんだか柔らかそうだ。覗いてみると、「キテ」と書いてある。な、なんなのだ。何がキテ? ど、どうしろと言うのだオレに。箱を撫でると「ハヤクー」と聞こえる。う、うーん。どうすれば、と、とりあえず、いや待て、これは行ってはいけない世界では? なにかマズイ、マズイよ何か! オレは目をつむって指をその中に入れた。そおっと、そおっと、慎重に……。「あああああ~ん」ものすごい音がして、指がギュウギュウ締め付けられる。締め付けられる、締め、イテテテテテ! 痛い痛い痛い! 何だよこれはー! 

 それ以来、箱はオレの指から離れない。どこに行くにも箱付だ。開けてはいけないものは、「ケッシテ、アケテハ、イケナイ」のであるよ、ホントに。

3D文章ゼミ
スポンサーサイト

寝台しかない部屋の中で/浅木

 寝台しかない部屋の中で、彼は立ちすくみ、戸惑った。
 だがその戸惑いは、すぐさま欲情へと変化する。欲情はうねり、高まり、体の奥からあふれ出す。
 抗えず。
 彼は、震える手をゆっくりと突き出す。
 目の前の、ちいさな白いふくらみへ。
 目の前の、しなやかに輝く曲線へ。

 触れた瞬間、手の平に熱い温度が伝播する。臆ぜず彼は、腰の下へと指先を滑り込ませる。根元は、熱病にうかされているかのように熱い。
 自然と息が荒くなる。
 自覚しながら彼は、欲望のままにそれを操った。

 ──部屋に暗闇が訪れた。

 沈黙した重苦しい空気の中で、吐息だけが響きわたる。
 湿気を含んだ空気の元、彼は──自らの下半身をそれに近づけた。
 次の瞬間。
 熱くて固いものが、彼の身体を貫く。
 
 アッ...

 突如、激痛が訪れた。 
 耐え切れずに彼は声をあげる。

 「看守さん! 助けてください!」

 酒造密造の罪で懲役4年の刑に服しているムハマンドさんは、のちに搬送先の病院でこう語った。

 「電球に欲情しました」

 摘出手術は、実に四時間もかかったという──。 


 世界びっくりニュース 2006年6月号
 肛門に電球を入れた男より


3D文章ゼミ

ドラマチック・ポルノグラフィ/風花千里

 春になってそよ吹く風が頬をなでる頃になると、体の奥のほうからムズムズと何か目覚めるような気がするものでございます。
「ママー」
 と、ベソをかきながらやってきたのは、1年後に競走馬になるツヨシという仔馬。ツヨシは良家のお坊ちゃまで、母馬は短距離を走らせたら日本一だったイブ。父はこれまた世界的に名の通った種馬のエートス。しかしこのツヨシ、お坊ちゃまの常でどうにも気の弱いところがありまして、今も隣の牧場の悪ガキ馬、ケン坊にいじめられて帰ってきたところでございます。
「ツヨシや、どうしたの?」
 母イブは、ついひと月ほど前に生まれたツヨシの妹を遊ばせながら、精のつくクローバーの葉を食んでおりました。
「ケン坊のやつ、おめえの妹はおめえとおとうちゃんが違う、おかあちゃんが浮気したんだろって言うんだ。ねえ、ママとパパは愛し合っているんじゃなかったの?」
「あっあら、何言ってるの。当たり前でしょ」
 軽くいなしたものの、イブは明らかに狼狽しておりまして。そりゃそうでしょ。競走馬は強い馬をつくるためだけに交配されるから、よりよい種を持った牡馬は一夫多妻、ハーレム状態なんであります。父が同じ子どもなんてのは何百頭といるわけで、兄弟というのは母馬が同じ子どもだけを言うんでございます。
 しかし、ツヨシが可愛くて仕方ないイブ、愛のなんのとぬかす青臭い息子の想いを無視するわけにはいきません。良血で頭が良いっていうのも考えものね、それにしても愛っていったいなんなのかしら、なんて独りごちて想いを巡らせております。
 そういえば、競馬場のパドックで、周りの人間が手にしていたスポーツ新聞に載ってたあれ、素っ裸のオトコとオンナが抱き合って……。雰囲気からして人間の交尾じゃないかと思うんだけど、馬や牛と全然違う。あれが愛のある交尾ってものなのかしら。
 でも、ワタシったら初めて見る人間の交尾になんだか興奮しちゃったのよね。そしたら後ろを歩いていた牡馬の鼻息が荒くなって、ワタシの背にのしかかってきたんだっけ。ワタシまだ生娘だったから、その時の驚きといったらなかったわ。思わずそいつのむなぐらを蹴り飛ばしちゃった。
 イブがあれこれと回想していると、遠くのほうから牧場主がやってくるのが見えます。
 だけどああやって年中発情しているわりには、人間って子どもが少ないわよね。うちの牧場主さんとこだって、一人っ子。それも愛ってもののせいなのかしら。
「おーい、そろそろ種付けに行くぞ。お相手はエートスだ。来年もいい仔を産んでくれよ」
 牧場主は、イブに次の交配をさせるため、呼びにきたのであります。
「ママ、パパに会いに行くんだ。やっぱりママとパパは愛し合っていたんだね」
 ツヨシの喜ぶことといったら、全速力でそこらじゅうを跳ね回り、あやうく柵に激突しそうになる始末。
「それじゃ、行ってくるわね。ツヨシ、おりこうにしてるのよ」
 と、可愛いわが子をたしなめながら、イブはその豊満なお尻を一振りし、次のひと言を飲み込んだのでした。
 今日はケン坊のお母さんも一緒なのよ

3D文章ゼミ

ぽるの村/なら よつね

その村の名前は「ポルノ村」と言った。

 ご存知のように、その国のカーストは強力で村単位に職業が決まっていた。「ポルノ村」出身者はすべてボルノ女優になるのだった。言うまでもなく「八百屋村」からは八百屋の親父が、「バスの運転手村」からはバスの運転手が「へのこ村」からはへのこがたくさん生まれていたようにである。
 説明するまででもないだろうが、それらの職業は都に行ったときになる職業で、「へのこ村」では全員が「へのこ」をしているわけではない。考えてみたまえ、皆「へのこ」だったらどうやって「おしゃまんべ」できると言うのだ!その辺は常識で考えてほしい。

 と言うわけで当然にも「ポルノ村」の者は全てポルノの女優になるのである。「ポルノ村」は女だけの村で、熟れて月が満ちると城壁の外に伸びている道を都へ旅立って行くのであった。
 そして、二年ほどするとかわいい女の子を片手に抱いて戻ってくるのである。その足で女たちは村の珍守の社にすむ長婆(おさばぁ)に挨拶に行き、なにやら話をしては、子供を預けてまた都に行くものもいれば、そのまま村に残るものもいた。
 そういう村だから子供のころから遊びといえば「ポルノ」ごっこであり、体育館では「未亡人 下宿でいんぐりもんぐり」砂場では「砂のお城 濡れて建つ」などをして遊んでいた。もちろん図画工作が「前張り」作りだったのは言うまでもない。

 それだけに、キキが「私はケーキ屋さんになるの」といったときの村人の驚きは尋常ではなかった。
 キキは母親が東てる美という明るくて(私が大好きだった)女優の娘で、手を使わずに服を脱げるのはキキだけだったし、胸にバナナを挟んで皮をむけるのもキキだけだった。だから村人が将来を楽しみにしていた逸材だっただけになぜケーキ屋?
「私は、ケーキが好きだからケーキ屋さんになるの」
キキは屈託なく答えるのだ。村人はどうして良いかわからなかった。
 カーストとは言えそれは強制されているわけではなかった。自然と「へのこ村」のものはへのこになり「チロリン村」のものはチロリンになるだけのことであった。だから、「ポルノ村」のものはポルノ女優になるのは自然なだけであってケーキ屋になって悪いわけではなかった。だが、しかしである・・

 月が満ちキキは洋々として都に向かっていった。「おいしいケーキお土産に持ってくるからね。まかしてね」キキはスキップしながら都に向かった。
 それから二年。
 キキは戻ってきた。片手に子供を抱いて、パンツの見えそうなミニスカートに、何を隠したいのか判らないような小さな胸当てをしてキキは戻ってきた子供を抱いた腕に手錠と縄の跡がくっきり付いていた。(谷ナオミ?!)キキは子供を長婆に渡すと「撮影があるから」と言ってまた都に戻っていった。そのとき涙がポロリと長婆の手に落ちたらしいが真偽のほどは判らない
 キキの出演した「ケーキ屋ケンちゃん」は今では伝説の作品となっている。キキは都にいってすぐにケンちゃんに出会ったのか、それともケーキ屋で働いてからケンちゃんと知り合ったのか・・・そのあたりのことは誰も知らない。
私はこの哀しい話を書き終えた時、字数も少しオーバーしていたことに気づいたのであった。ごめんなさい。


3D文章ゼミ

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。