スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早撃ちジョージ/輔

カチ、カチッカチッカチッカチッカチッ…
軽い発射音が鳴り響く。無表情のまま右手でピストルの引き金を引き続ける男。早撃ちにかけては彼の右に出るものはいない。
左手にはタオル。親指と人差し指で生地を挟み、ピストルの先端に付いている針で刺し、間髪入れず引き金を引く。すると商品であるタオルにプラスチックの糸で値札が付く。
ピストルというのは商品に値札をつける器具のことだ。
彼の名前は浜口丈二。職場では「早撃ちジョージ」と呼ばれていた。職場には社長とその奥さんである専務、パートのおばちゃんのテイちゃんとトクちゃんの4人。そう、右に出るものと言っても候補はそれだけだった。
「ほんと早撃ちだねぇ。惚れ惚れするよ」
専務のいつもの言い回し。するとこれまたいつものようにずり下げた眼鏡の上から社長がこちらを見る。日々繰り返される小芝居。うんざりしつつも無視はできない。
「…んなことないっす」
丈二だっていい年だったが、周りに比べれば孫同然の年齢。早くて当たり前だと思っていた。タオル畳み機と化したおばちゃんの横で丈二も早撃ち機と化す。
(おらえのばっぱちゃんとなんぼも違わねぇけんど二人ともはええ)
おばちゃんたちの無言の圧力を感じて、丈二のピストル捌きは進化したのだ。
(ピストル撃ちはオレだけだも)
カチ、カチッカチ…。左側に丈二が撃ちやすいようにテイちゃんがタオルを広げてくれる。撃ち終わったタオルは撃ったそばからトクちゃんに引き抜かれ畳まれていく。
元々、ここでは丈二の兄が働いていた。兄を頼って田舎から出てきたら、入れ替わりで兄は戻り丈二だけが残った。
カチッカチ、カチ。
ガラッ。道路に面した重いガラスサッシが開いた。お嬢さんだ。単調な暮らしの中、丈二にとっては唯一の花だった。社長夫婦の一人娘で営業を担当している。この日はタイトな黒のパンツスーツに白い光沢のあるブラウスを着ていた。
「いでっ!」
お嬢さんに見とれて丈二はピストルの針で親指の腹をしたたか撃った。見る見るどす黒い血がテントウムシみたく丸く吹出した。
「なんだでば!よそ見さしてっから。商品ば汚れてねか?」
「だばテイちゃんさ、丈二と代わってけ」
社長も奥さんも興奮するとお国言葉が飛び出す。誰も丈二の怪我を心配しない。テイちゃんは無言で棚から古いピストルを取り、丈二の座っていた場所にどっかとあぐらをかいた。
「丈二は伝票整理せぇ」
丈二は仕方なくひとり絆創膏を張った。ガーゼに血が滲むのが透けて見えた。
テイちゃんは畳まれたタオルを広げることなく、札をつける場所をちょい、とつまみ、それを4枚扇形に整えたかと思うと、やおら続けざまにピストルを撃った。連射だ。4連射だ。
「わぁ!テイちゃんの連射久しぶり!かっこいい~」
お嬢さんのこんな弾んだ声は初めて聞いた。テイちゃんの連射も初めて見た。知らなかったのは丈二だけだった。テイちゃんは撃つのも早いが、何より畳んだタオルを崩さない。動作に全く無駄が無かった。トータルの時間にしたら圧倒的に丈二よりテイちゃんの方が早かった。
「テイちゃんの動き、無駄が無いよねー。またやればいいのに」
お嬢さんが笑顔で言う。テイちゃんは黙々と撃っている。連射につられてほっぺたが揺れていた。
(オレ、めっさかっこわりぃ…)
机に額が付きそうなほどうなだれながら、伝票に強く押し付けた親指は、絆創膏の空気穴からプツプツと血を噴き出していた。
スポンサーサイト

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

少年の狙い/ちとく

晴天が続いたある真夏日の午後、団地内の焼けたアスファルトには、干からびたミミズの死骸が目立った。
毎年ある時期の、雨の翌日などにはよくあることで、誰も気に留めなかった。けれども子供たちは、程度の差こそあれ、みな一様に注視し興奮した。
その日少年は、自宅の棟の前で、ひと際大きい干からびたミミズを見つけた。友人宅に立ち寄り、連れだってプールに行く予定だったが、約束の時間まで少し余裕があった少年は、干からびたミミズの脇にしゃがみこんだ。よく見ると2匹のミミズが絡まっているように見え、どこが絡まっているのか、2匹ならどことどこが頭なのか、少年は念入りに観察するのであった。
そこに、Tシャツとスカートがはち切れんばかりの巨漢姉妹が通りかかった。少年よりいくつか学年は上だったが、近所の顔なじみで小学校も同じ巨漢姉妹は、少年が熱い眼差しを向ける干からびたミミズに、汗の滴る大きな顔を近づけた。
「ね、食べられるかな?」「ええー、どんな味?」
少年の向かいに並んでしゃがみこんだ巨漢姉妹の呟きを、少年は冗談とも本気とも取らなかったが、母親の作る切干大根の煮物など思い出したりした。
「水鉄砲持ってくるから!」少年が咄嗟に言うと、「いいね」「やろう」と巨漢姉妹が応じた。少年は、肩のプールバッグを置いて、団地の階段を駆け上がった。
しばらくして少年が戻ってくると、干からびたミミズは巨漢姉妹によって階段入口の日陰に移動させられていた。さらには、何体かのミミズの死骸が加えられていて、少年が注目した、絡まった大きい死骸が分からなくなってしまっていた。

少年が持ってきたのは、歯磨きコップに入った水と、弁当に使う魚の形の醤油さしであった。「水鉄砲見つからんかった」
巨漢姉妹は、「水鉄砲って言ったじゃん」「コップの水かければいいじゃん」と少年を軽く責めた。
少年は、主導権を奪われそうな危機を苦笑いでかわし、自ら先にしゃがんで、醤油さしに水を吸わせた。「見てて、見てて」
巨漢姉妹が、先ほどと同じようにしゃがんだところで、少年は干からびたミミズに向けて小さな水鉄砲を発射した。ビュッ!
しばらく声も出ないほど、干からびたミミズは全く変化なかった。
立ち上がろうとする巨漢姉妹を、少年は危機感を持って制した。「待って、見て!」
巨漢姉妹が再び干からびたミミズを凝視する間に、少年はコップから醤油さしに水を吸わせた。干からびたミミズは、相変わらず変化なかった。
「よーく見て!」
少年は息を殺して、慎重に狙いを定めた。慎重に、慎重に。
少年の勿体ぶりに業を煮やした巨漢姉妹が何か言おうとした時、少年の小さな水鉄砲は狙い通りに発射された。ビュッ!
巨漢姉妹のほくろの多い方の股間、ふとももに挟まれてパンツがぷっくり盛り上がっている部分に、少年の小さな水鉄砲から発射された威勢のいい水が命中した。
「ちょっと、おい!」
巨漢姉妹のもう片方、色の白い方が立ち上がるや否や、少年は歯磨きコップも醤油さしも投げ捨てて、プールバッグを持って走り去った。全速力で走れないほど笑いがこみ上げてきて、少年は何度も何度も転びそうになったのであった。

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。