FC2ブログ

バイオリン/火星紳士

 ある時、ふと気がつくと、壁に耳が生えていた。……ミミ?

 梅雨である。

 今年は特に蒸し暑い。エアコン具合も、もひとつ悪い。オレの部屋はサウナの如き有様だった。

 なんとなく、いつもは見ない、後頭部側の壁をふと見ると、壁になんだか肌色のものが付いていた。ニョッキリと生えたそれは、人間の耳に酷似していた。

 ……ミミ?

 一瞬、壁に人が埋まってる!? と思ったのだが、このアパートは鉄筋コンクリートだ。人間が入れるわけがない。近寄ってよく見てみると壁紙が少し破れていて、そこから耳が生えている。なんなのだこれは? 

 見れば見るほど耳そっくりのそれは、人間で言うところの、左耳だ。ちゃんと穴が開いていて、耳たぶもしっかりある。うーん似ている。しかし、気味が悪い。なんだろうこれは? 耳? そんなわけは無いな。しばらく、そのままにしてTVでも見ようかと思ったのだが、なんだか気になる。聞いてる? 耳? うむむ、やはり落ち着かない。

 大家さんに相談すると、「ああ、やっぱり出てしまいましたか。うーん、大丈夫かと思ったんですが、ダメでしたか」「なんなんですか、あれ」「いや、私も、よくは知りませんが、キノコの一種らしいです。食べると旨いんですけどね」「た、食べる?」「ええ、美味しいですよ。味噌汁に入れたり、ちょっと焼いて醤油と生姜で食べるのもいいですね。お勧めです」「そ、そんなにポピュラーなものなんですか?」「ええ、でも、採るのが大変で、なかなか食べられないんですよ」「あ、あの。もういいです」「まあ、最初は皆さんビックリなさいますが、慣れると可愛いもんですよ。美味しいですし」

 オレは大家さんと分かれ。部屋に駆け戻った。冗談じゃないよ! あんな気味悪いものなんか食えるか! 取ってやる絶対取ってやる! 

 オレは軍手をして、耳の除去に取りかかった。そおーっと摘まむ。や、やわらかい。本物の耳より弾力がある。徐々に強く引っ張る。うーん、くそ。取れない。かなりしっかり生えている。もっと強く、うーん。と、取れない。しかたない。カッターナイフで切るか。あまりやりたくなかったが。耳を左手で摘まみ、カッターナイフの刃を耳の付け根にあてる。ご、ごめんな。なんか、そんな気分だ。目をつむって、グイと力を入れる。ん? 切れない。なんだこの弾力。くそー。オレはムキになってカッターをグイグイと前後に引いた。うー、このこの! 切れろー! プチ。やった。少し切れた。一気に力を入れて耳を引っ張る。うーん、ブチ! やった取れた。しかし生えていたところから黄色い汁が垂れている。うーんグロテスク。食べる? これを? オレは耳をティッシュペーパーに包んでコンビニのゴミ箱に捨てた。

 三日後、耳は3本に増殖した。黄色い汁が垂れたところに生えたのだ。なんだこれー! オレはまた耳を取りコンビニに捨てた。そして今度は念入りに壁を拭き、洗剤で何度もゴシゴシと擦った。これくらいやれば大丈夫だろ。くそー。なんなんだいったい。

 また三日後、今度は9本生えてきた。耳ー! くそー、こいつらは採れば採るほど、増えるのか。しかし、採らねば気になるし、第一落ち着かない。何をやっていても、ずっと聞き耳を立てられているようだ。なぜそう思うかというと、たとえばエッチなビデオなどを見ていると、妙に耳達に緊張感がはしるのだ。中には赤くなる耳もいる。気のせいかもしれないが、そうではないかもしれない。うーん、これでは、なにも出来ぬではないか。困り果てたオレはしばし考えた。

 そうだ。音楽を流せばいいのだ。大音量でガンガンかければ、他の音は聞こえない。そう思ったオレは、早速実行した。ふっふっふっ、昔なつかしのヘビーメタルをかけてやる。ドリャー。ハハハハ、どうだこの強烈なギターサウンド。何も聞こえないだろう。ふはははは。うーん、オレも聞こえない。TVも何を言っているのかわからない。そうか、ヘッドホンを付ければいいのか。さっそくそうして生活した。が、ずっとヘッドホンを付けてると耳が痛くなる。うーん。もっと、穏やかなラウンジミュージックでもかけるか。その時、ふと気がついた。壁の耳がノッテイルのだ。ヘビーメタルにノッテイル? リズムにあわせて動いてる。ほんのちょっとだがビートにあわせて揺れているのだ。こ、こいつらは本当に耳なのか? 気になったオレは、もっと他の曲も聞かせてみた。ロック、ジャズ、ポップス、民謡、フォークソング。やはり、反応がある。それぞれ好みがあるようだが、総じて音楽が好きなようだ。クラッシックをかけてみた。おお、皆心地良さそうに、ゆったりと揺れている。

 それから1週間くらいして耳は101本に増えた。しかし、不思議だ。だんだん慣れてきた。今ではなんだか、本当の耳のような気がしてきた。おーいとか、元気かーとか、声をかけると、わずかだが反応する。共鳴かもしれないが耳たぶがプルプルと振動するのだ。仕事の愚痴も話すようになった。楽しい事があっても話した。いつのまにか憩っていたのだ。そうだ。オレは、こいつらのために音楽をやろう。楽器をマスターするのだ。こいつらは音楽が好きだ。オレの弾く楽器でこいつらと話せたら。

 そう思ったオレはすぐに楽器を買ってきた。バイオリンである。耳達の音楽の好みはバラバラだったが、クラシックがもっとも平均して受け入れられたのだ。

 オレは教則本を見ながらバイオリンを弾いた。気分は屋根の上だ。キーキー、キコキコキーキー。うーんすばらしい。昔ギターを少しばかりやったから、運指は問題ないはずだ。キーコキー、キキキキーコ、ギー、グギギギギー。グギギギギー。むむむ、バイオリンの弓は難しい。うまく音がでないではないか、馬の尻尾の毛で出来ているらしいが、ダメな馬なんじゃないか? やはり安物はいかん。ギーゴゴゴ、ギーゴーキキギゴー。ギー。あっ、耳が。

 ポト、ポト、ポトポトポトポト。耳が壁から落ちてゆく、どうしたんだ。お前たち! オレは耳達に駆け寄り、両手で救い上げた。シオレテイル……。ポト、ポトポト。ドンドン落ちる、次々と落ちてゆく。どうしたんだー!

 耳はすべて壁から落ちた。そして、もう生えてこなくなった。

 濃い青空が広がった。いつの間にか、夏になっていたのだ。

後日、このことを大家さんに言うと、暫くたって大家さんの家からバイオリンの音が聞こえてきた。ヘタクソだ。そうとうヘタクソだ。今夜はきっと、耳鍋だろう。大家さんの笑顔が目に浮かぶ。

3D文章ゼミ

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://3dsemi.blog18.fc2.com/tb.php/16-e6337dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村