FC2ブログ

冷たい幼馴染みとその弟/chitoku

その年、彼らの住む町で、殿様蛙が大量発生した。その地域一帯の車道には、タイヤに轢かれた殿様蛙の残滓が点々と連なっていた。
六年生の×造は、一つ下の幼馴染みとその弟と、三人で下校中であった。夏休みが近い暑い午後、わざわざ畦道を経由して、殿様蛙を物色しながら歩いた。
団地まで帰宅する道程で、水田が終わるところに、コンクリートで囲まれた小さな空き地があった。畦道から空き地に上がる直前、×造の幼馴染みは「これでいいら」と、適当な殿様蛙を鷲掴みにした。×造は「いいら」と答えて、先に空き地に上がり、尖っているものを地面に探した。
×造の幼馴染みの弟が、缶ジュースのプルタブを見つけた。×造はそれを受け取ると、リング部分をもぎ取って、薄い蓋の方の切り口を指でなぞった。ヨシ!
彼らは、手術台に見立てたコンクリートの台の砂を払って、生け捕った蛙の手足をつまんで、×造の幼馴染みとその弟が仰向けに押さえつけた。
×造は、プルタブを蛙のアゴ辺りに突き立て、下腹部まで蛙の体をなぞったが、プルタブは柔らかい蛙にめり込んで、切れも刺さりもしなかった。×造は「行くぞ」と言ってから、再びプルタブを突き立てた。やっぱり同じようにめり込むので、×造は幾分回転させて、ついに蛙の腹に穴を開けた。×造は左手で蛙の腹をつまんで、開いた穴にプルタブを引っ掛けて、ゴシゴシ皮を切り始めた。やがて蛙の腹は真ん中で切り裂かれ、内臓が少し見えた。×造は、切った腹の皮を左右に拡げて見せた。ホレ!
そのとき蛙が急に暴れた。思わず三人とも手を離した瞬間、反動で蛙はくるりとうつ伏せに×造の手に乗った。「うがっ!」
腹を裂かれた蛙は、×造の手に払われ、水田まで飛ばされた。×造の幼馴染みとその弟は、腹を抱えて大笑いした。
×造も苦笑しつつ、飛んでいった蛙を水田に探した。「おい、見てみ!」×造が叫んだ。空き地から見た水田の、腹を裂いた蛙が落ちた辺りには、大きめの殿様蛙がうようよ見えた。「すげえ」
×造は、空き地に落ちていたスーパーのビニール袋を拾ってきて、靴と靴下を脱いだ。幼馴染みとその弟も脱いで、水遊びを兼ねた蛙の捕獲に、三人とも夢中になった。
大きめの殿様蛙は次々と袋に放り込まれたが、例の腹を裂いた蛙は何故か見つからなかった。一休みしながら、×造と幼馴染みは、満杯になった袋を覗いていた。すると、幼馴染みの弟が急に「もう帰る」と言って空き地に戻った。×造と幼馴染みは声を掛けたが、幼馴染みの弟は、水田を振り返ることなく足早に行ってしまった。
残った二人は少し白けたが、×造は腹を裂いた蛙を探そうと幼馴染みに提案した。幼馴染みは、躊躇しながらも頷いたが、少し経つとやっぱり「もう帰る」と言って足早に帰ってしまった。腑に落ちなかったけれども、×造は、すっかり興味が失せて、袋の蛙もそのままにして帰宅した。
「どうしたの、その顔!」×造は、全く気付いていなかったが、腕や足、腹までも、セルライトのような不気味な蕁麻疹に覆われていたのである。洗面所の鏡を見て、×造は「崇り」だと想像したけれども、それは恐怖ではなく興味であった。これからどうなるんだろう、という期待…
×造の母親は、慌てて×造を皮膚科に連れて行った。
皮膚科の診断結果は「あせも」であった。急激な発汗による激しいあせも。×造は、幼馴染みとその弟が、これを見て何を思ったのか、想像すると結構楽しいのであった。

『文章王の掌編小説ゼミ』

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://3dsemi.blog18.fc2.com/tb.php/21-47b5d209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村