FC2ブログ

涙/トントン

 会社を出た途端、こみあげてきたので、慌てて顔を上に向けたら、秋の月の光がさえざえと脳天をつらぬき、その衝撃に、かえっていきなり、ぬくいものが頬を伝い始めた。
 結局、下を向いて電車にゆられていると、さきほど上司に言われた言葉が、いつまでもぐるぐると鳴り響くのに閉口してしまった。一生懸命ってだけが自慢じゃ、話になんないんだよっ、話になんないんだよっ・・
 十年、仕事だけに懸けてきた。何時間残業しても構わなかった。結婚はしておらず、恋人もいなかった。仕事に身を焼かれて死ねれば本望だと思っていた。だが去年、部署が変わると、朝、体を起こすのがつらくなった。仕事の意味が見えづらかった。全力を注いでも、届かず、砕け、失敗が残った。上司には目の敵にされ、きついことばを投げかけられた。気がつけば、相談できる友人は一人としていなかった。
涙は両の目から、さらさらと流れていった。ハンカチを当てながら、へんに、なっちゃった、と鼻をすすって、くすりと笑った。
 母が一人待つ家にこのまま帰るわけには行かなかった。こんなときは飲みに行こうかとも思ったが、今夜は飲むとどうなってしまうか見当もつかなかった。
最寄り駅から2つ前の駅で降りてみた。喫茶店でなにか、ココアでも口にしたら、落ち着くかもしれない。
 改札を出ると、流れ行く人々の足元にチカッと光るものを見つけた。洋服のボタンかなと思った。でもボタンにしては派手な色だった。人の隙間を縫って近寄り、すっとしゃがみこんで拾い上げると、それは小さなコガネムシだった。生きているようではあったが、動かなかった。せわしく行き交う人々の群れから離れ、金緑色に輝く虫にみとれて立っていると、いつのまにか、涙が止まった。
 どこか草むらに放して帰ろう。コガネムシをそっと手の平で包み、駅の階段を下りる途中、もう一匹、同じように小さいコガネムシが転がっているのを見つけた。白い内臓がはみ出していた。階段を降りきると、さらにもう一匹、金緑の羽を割られて、平らになっていた。一つの駅にこんなにたくさんのコガネムシが集まっていたのか。全部、拾いあげたかったが、死骸はただの死骸だ。もう救う事はできない。この虫たちは、駅のまぶしい明かりに誘われ、遠くから飛んできては、喜びもつかの間に、人々にぶつかり、もまれ、潰されて、死んでいったのだ。
 先ほどの、まだかろうじて生きているコガネムシを、なんとなく温かく感じながら、軽く握り、道を歩いた。しばらくして住宅地まで来ると、公園の暗い茂みがあったので、その草の上にコガネムシを放とうとした。手の平を開くと、虫は急にぞわぞわと足を動かし指に絡みついた。ことのほか、力のある細い足の動きに、一瞬、ざあっと身の毛がよだった。思わず腕を乱暴に振って虫を振るい落とした。本当は、あんたなんて、大嫌いなのよ、
 そう心の中で叫んで走り出すと、左足に、ぷつっ、と感触を覚えた。あ、と思うとコガネムシを踏み潰していた。ついさっきまで、大事に、大事に、運んできたはずだったのに。その場にしゃがみこむと、腹の底から声を絞り出し、身を震わせて泣いた。涙は堰を切ったように溢れた。あとからあとからほとばしり、もう止むことはなかった。

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://3dsemi.blog18.fc2.com/tb.php/58-20bea82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村