スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚子さん/浅木

『それでは次のニュースです。死体遺棄容疑で逮捕されている山橋容疑者は、逮捕以来食事を取っておらず、絶食状態が2週間続いています……』

このニュースを知った豚の豚子さんは、心の中で喜んだ。

「まぁ、なんていい人でしょう……食事もとらないなんて……これであたしの可愛い子供の寿命が延びるかもしれない」

ほんの少しでも、世界で消費される豚の肉の量が減るのでは、と期待したのだ。

豚子さんが飼われている飼育場では、ご飯を食べる・子供に乳をやる、の2つ以外はする事がない。
そのため豚子さんは、自分のかわいい子供に囲まれながらも、今日も暇つぶしに夢想を続けるのだ。

豚子さんは、日々、そのキュートでかわいい尻尾を使ってニュースの電波を受信していた。(NHK限定)
だから日本で起きている大抵のことは知っている。最近の日本は、山橋容疑者のことで持ちきりだ。

今日も豚子さんはNHKを受信しつづける。

『殺されたXXXさんのご両親は会見で次のように話しています────許せないです。罪を償って死刑になって欲しい』

豚子さんは一人で呟いた。

「まぁまぁまぁまぁ。それではあなた達も、私を食べる罪をつぐなうのかしら……」

豚子さんは空を眺める。
ここは豚の飼育場だ。空なんて見えるはずはない。けれども豚子さんは知っていた。
トタンでできたオンボロ屋根の向こうには、青空が広がっている事を。

「あなた方の中で、罪を犯した事のない者だけが、この男に石を投げるがよい……」

とある有名なニンゲンが残した言葉……。
ニンゲンは嫌いだ。でも、この言葉は嫌いではない……。


その時!
豚子さんの夢想を中断させる大きな声が飼育場に響き渡った。

「おおぉい、そこの柵に入ってる豚、出荷すっぺ」

ブー。

飼育員は、手前の柵を指差した。その柵内にいる豚たちが、一斉に鳴きはじめる。

ブーブーブー。

沢山の豚の声が響く中、一匹ずつ豚が引っ張り出されていく。
もう誰にも、どこに豚子さんがいるのか分からない。

そして、豚を乗せたトラックは、エンジンをブルルと鳴らし、発車していった。

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://3dsemi.blog18.fc2.com/tb.php/63-bcf6cbf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

 『文章王の掌編小説ゼミ』  とは?

SEO対策:イベント

村松恒平 “『文章王の掌編小説ゼミ』”プロ編集者村松恒平による文章レッスンです。
皆さんの作品をもとに<秘伝>の文章上達法を伝授します。自分の文章を客観的に眺め、文章力をぐーんとアップするチャンス!メルマガではまだ公開していない文章の奥義もレクチャーします。

“『文章王の掌編小説ゼミ』”  7つの魅力

  • プロの編集者に自分の原稿を見せて意見を聞けます
  • 文章を読む目が育ちます
  • 文章が上手になります
  • メルマガとはひと味違う<秘伝>レクチャー
  • 文章上達の悩み、質問に答えます
  • 楽しい打ち上げ
  • 優秀作品発表

その他詳細は【文章学校】にて

SEO対策:小説

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンタ

ブログランキング

FC2ブログランキング

◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。